40代からの変化:気分の変動

気分の変動

40代になってからイライラしやすくなった、落ち込みやすくなった、というような気分の浮き沈みが多く表れやすくなる人が多いのですが、それは更年期障害が原因となっているかもしれません。

 

40代になってからどのような気分の変化が起こるのか、ご紹介していきます。

 


何となく感じる気分の落ち込み

更年期障害が原因と気分の落ち込みや変化として、特徴的なのは特別な理由がないことです。何となくだけど出かけるのが面倒…気分が晴れない…落ち込んでしまう…というときは、40代から始まっている更年期障害が原因となっているかもしれません。

 

更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少してしまいます。

 

生活環境も関係している?

40代というと、ホルモンバランスの乱れと同時に起こりやすいのが生活環境の変化です。親や夫、子供との関係が変化しやすい時期でもあり、負担を感じる生活を送っている人が多いです。

 

そのため、ストレスも自然と溜まりやすい状況になり、それも影響して気分の落ち込みに繋がっていってしまいます。

 

気分の落ち込みに対する予防や対策

更年期だから仕方がない、更年期障害だから我慢していれば何とかなる…と思って放置するのではなく、ちゃんと予防や対策をおこないましょう。

 

身体を温める

更年期障害はほてりやのぼせなどが症状として現れるので、できるだけ身体を冷やしたほうがいいと考えてしまう人もいるのですが、実はそうではありません。身体を冷やすと代謝が悪くなってしまいます。

 

できるだけ意識して身体を温め、巡りをよくするように心がけましょう。おすすめなのが半身浴です。半身浴はじっくりと身体を温められるだけではなく、ストレスを解消するためにも役立ちます。

 

眠る前に身体を温めておくことで、更年期障害で起こりやすい手足の冷えなども対策できるので、布団に入ってから足が冷えて眠れない…という寝つきの悩みからも解放されるでしょう。

 

ゆったりと過ごす

更年期障害だからと治療に励むのももちろん大事ではありますが、まずは自分の生活のペースを見直してみてください。あれこれと頑張りすぎている人は、いったん落ち着いてゆったりと過ごせる生活に変えてみましょう。

 

特に自分がやらなくちゃ…と責任感が強い人や、今まで完璧を求めてきた人は、特に更年期になってから更年期障害として気分の落ち込みが出やすくなります。

 

40代になったら、自分で頑張りすぎることを辞めて、気持ちを楽に過ごすことで気分の落ち込みも軽減するでしょう。