月経

MENU

40代からの変化:月経

月経

40代からの変化と症状の特徴として、女性なら必ず当てはまるのが月経の変化です。

 

月経の変化を感じ始めたころが、更年期と呼ばれる時期ですね。

 

では月経とはどのように変化していくのか、閉経の仕組みとともにご紹介していきます。

 


閉経は個人差がある

閉経の平均年齢は50歳といわれています。その前後5歳ぐらいを更年期と呼んでいるので、合計で10年ぐらいは更年期に当てはまります。その期間に現れる症状が、更年期障害です。

 

人によってはそれほど感じることなく更年期が過ぎていくこともあれば、中には更年期障害が重くて生活も辛い状態になってしまうこともあります。

 

閉経はいきなり月経が来なくなる、というわけではありません。徐々に月経の現れ方に変化を感じるようになって、おかしいな…と思っているうちに閉経が訪れます。

 

更年期障害は月経の乱れが長くなると現れやすい、といわれています。

 

閉経の原因とは?

閉経は50歳が平均とはいえ、人によって閉経のタイミングはそれぞれです。50代半ばぐらいまで月経が続く人もいますが、中には30代のうちに閉経が訪れる人もいます。閉経の原因は、卵巣から卵子がなくなってしまうことです。

 

本来なら、毎月ちゃんと排卵されて、その卵子が排出されることで月経は起こっています。でも卵巣から卵子が排卵されることがなければ、当然月経も起こらなくなりますよね。そのタイミングが閉経です。

 

実は女性の卵巣には、生まれたときから卵子の元があります。卵巣は左右に1つずつ、それぞれ交互に卵子を出しています。その数は約500万個といわれているのですが、その卵子の元がなくなってしまったら閉経します。

 

閉経のサイン

閉経は急激に起こるわけではないので、何か前兆があるはずです。閉経のサインとなるのが、生理周期の乱れです。本来なら生理周期はある程度整っていて、毎月予測ができるはずです。

 

妊娠するときにも、排卵日などを計算する人が今は増えていますよね。若いころでも生理周期が乱れやすい人はいますが、閉経のサインでも生理周期は乱れます。

 

もう一つサインとなるのが、量の減少ですね。最近生理の出血量が減ったなと感じたら、それは閉経のサインかもしれません。

 

閉経の前後で起こる変化

閉経につきものなのが、更年期障害です。人によって表れ方は異なりますが、更年期障害で体や心に変化が訪れます。

 

毎月の生理から解放されたという安心感もあるかもしれませんが、それを上回る不調を感じることもあるため、決して閉経=楽になるというわけではないでしょう。

 

更年期障害とはちゃんと上手に向き合って、40代以降の生活リズムについて考えていきたいですね。