男性の更年期障害って?

男性の更年期障害って?

更年期障害は40代から50代にかけて訪れる、女性だけの問題と思っている人が多いのですが、実は更年期障害は女性だけに起こるわけではありません。

 

男性も40代を過ぎると、更年期障害の症状を感じることがあります。

 

女性よりも軽い症状であることが多く、あまり男性の更年期障害については知られていないため、まさか自分が更年期障害だなんて考えたことがない…という男性も多いです。でも男性でも40代を過ぎるといろいろな不調が襲ってきます。

 

男性更年期障害とはどのような症状が起こるのか、ご紹介していきます。

 

男性の更年期障害は気づきにくい?

女性は閉経を前後して訪れる更年期に起こる更年期障害なので、比較的更年期障害であることに気づきやすく、対策もしやすいと思います。でも男性の場合はどうでしょうか。

 

男性は閉経というような基準となるものがありませんし、女性よりも更年期障害が起こる時期にバラつきがあり、個人差があるので気づきにくいです。

 

男性の更年期障害で起こる症状

男性の更年期障害も、女性と同じような症状が起こります。疲労や不眠、気分の落ち込み、ほてりやのぼせなどですが、女性とは違う点が勃起不全や性欲の低下なども更年期障害として起こるといわれています。

 

男性の更年期障害で深刻な不眠

不眠は更年期障害の症状としてよくあることですが、女性よりも特に男性の方が不眠に悩まされやすいといわれています。まだまだ働き盛りの年代で男性更年期障害が起こってしまうと、不眠によって昼間の仕事に支障をきたしてしまいます。

 

集中力の低下や昼間に襲ってくる眠気などが辛いでしょう。既に定年をしてゆったりと過ごしているという場合でも、本来眠るべき夜に眠れないという状態は辛いですね。

 

テストステロンはちゃんと眠らないとうまく分泌されなくなります。テストステロンの減少で男性更年期障害がますます悪化してしまうため、不眠症状は何とかしなくてはいけません。

 

男性の更年期障害は何が原因?

男性の更年期障害は、男性ホルモンであるテストステロンが減少することで発生します。男性ホルモンは20代から30代にかけて分泌が高まり、その後は減少していきます。

 

男性の場合は40代後半ぐらいから大きく減少していくといわれていますが、個人差が大きくもっと早くから減少する人もいます。

 

原因となっているテストステロンの減少を出来る限り緩やかにしていくことが改善のために必要です。男性でも更年期障害がある、ということまずは知って、改善に向けて動き出しましょう。