更年期障害とは

更年期障害とは

40代になって感じ始める不調は、もしかして更年期が原因となっているかもしれません。

 

でも、更年期についてあまり知らないと、もしかして…と思っても気づかずに過ごしてしまいがちです。

 

更年期障害と原因がわかれば気持ちも身体も楽になりますが、原因がわからずに続く不調は心身ともに不調をきたしてしまいます。

 

どういう症状があったら更年期なのか、更年期障害とはどのように起こるのか、ご紹介していきます。

 

更年期とは?

更年期というのは、40代半ばから50代半ばころのことを指します。女性の場合は目安となるのが閉経ですね。閉経は平均年齢が50歳となりますが、その前後を更年期といいます。目安としては前後5歳なので、45歳から55歳ぐらいまでが更年期ということになるでしょう。

 

女性だと閉経が基準となって更年期の時期が大体わかるのですが、男性の場合はどうでしょうか。

 

更年期障害は女性の問題として考えられていましたが、今では男性の更年期障害についても注目されるようになりました。

 

男性更年期は女性のように目安となるものがありません。人によって起こる時期は違うのですが、基本的には女性と同じぐらいの年齢、それよりも少し早い段階で更年期となり、更年期障害となることが多いようです。

 

更年期障害の原因

更年期障害の原因となるのが、ホルモンの変化です。女性の場合は女性ホルモンが減少すること、男性の場合は男性ホルモンが減少することによって起こります。

 

若いころはたくさん作り出されていた女性ホルモン・男性ホルモンですが、40代に突入するとどうしても作り出される量が減っていってしまいます。

 

更年期障害の症状

更年期障害なのかも?と思っても、症状としてどんなことが起こるのかを知っておかないと、自分の変化に気づくことができません。更年期障害でよくある症状として、ほてりやのぼせがというホットフラッシュが特徴的です。急に身体がカッと熱くなってくるような感覚があったら、更年期障害かもしれません。

 

身体はほてりがあるのに、反対に足や手は冷えるという症状もあります。冷えが強くなると布団に入っても足先が温まらず、なかなか眠りにつけない…というような症状が起きやすいでしょう。

 

更年期障害は今では治療法もあります。辛い症状を我慢して自然と終わるのを待つわけではなく、更年期障害の治療をしながら過ごしていくことで、気づいたら更年期障害も解消していた…というようなリズムで年齢を重ねていきましょう。

 

更年期障害といっても人それぞれですが、軽く済む場合もあれば重い症状となって日常生活に支障をきたすこともあります。上手に付き合って過ごしていきたいですね。