不眠

MENU

40代からの変化:不眠

不眠

若いころはあんなにもたくさん眠れたのに、年齢とともに眠れる時間も短くなった、夜中に何度も目覚めてしまう、眠りにつきづらくなった…という人は更年期障害のひとつとして、不眠となっている可能性があります。

 

どうして不眠になってしまうのか、更年期に起こる不眠についてご紹介していきます。

 


更年期になると起こる不眠とは

40代に入り更年期世代になると、症状として不眠を感じる人が増えます。若いころのように眠れなくなるのは誰もが同じことなのですが、あまりにひどい不眠になると、毎日の疲れをとるための睡眠が足りなくなってしまいます。

 

夜眠れないかわりに昼間に眠くなってしまうなど、日常生活にも問題が出てしまうでしょう。

 

更年期になって起こる不眠は、ホルモンが影響しています。ホルモンは昼間は眠気を起こさないようにしたり、反対に夜は眠気を起こすというような働きもあります。

 

更年期に起こりがちな睡眠の問題
  • ・寝つきが悪くなる
  • ・夜中に何度も目が覚める
  • ・起きたい時間より早く目が覚めてしまう

 

このような睡眠の問題が発生するでしょう。

 

ホルモンの影響だけではなく、自律神経の乱れによってのぼせやほてりが起こる更年期障害ですが、寝汗もよくかくようになるので不快、またはトイレに行きたくなって目が覚めやすくなるといった症状も同時に起こります。

 

さらに精神的な面も大きく影響します。イライラしたり気分が落ち込みやすくなると自律神経も高ぶって眠りづらくなり、不眠に繋がっていく可能性もあります。

 

更年期には様々な要因が引き金となって不眠症状となるので、どうして不眠になってしまうのか、不眠の原因をまずは突き止めましょう。

 

眠る前の生活を変えよう

眠りたいと思っても眠れない、眠っても短時間しか眠れずに疲れがとれない、というような不眠の症状は、長く続くと心身ともに辛くなってしまいます。

 

まずは眠りにスムーズに入れる生活を目指しましょう。

 

ストレスを解消する

ストレスがあると眠りづらくなります。更年期は特にイライラしやすく気分も落ち込みやすいので、ストレスの影響で不眠になっている人も多いです。

 

眠らなくちゃと思えば思うほど眠れなくなるので、眠くなってから眠ればいい、とある程度気持ちを切り替えていくことで、自然と眠りにつきやすくなります。

 

適度に運動を取り入れる

適度な運動で身体を疲れさせてあげると、スムーズに眠りやすいです。運動にはストレス解消効果も期待できるので、更年期のイライラを解消させるために運動を取り入れましょう。