女性ホルモンが変化を左右する?

女性ホルモンが変化を左右する?

人間は誰でも、若いころとずっと同じようには過ごすことができません。自然の仕組みで、年齢を重ねると起こってしまうことは必ずあります。

 

特に女性にとって不調を招く原因となるのが、女性ホルモンです。

 

女性ホルモンの増減は体や心を大きく変化させるといわれています。

 

女性ホルモンは女性の体調にどのように関係しているのか、ご紹介していきます。

 

女性ホルモンって何?

女性ホルモンの増減で体調が左右される…ということであれば、まずは女性ホルモンがどんな成分であるのかどうかを知りましょう。

 

女性ホルモンには、大きくわけて2種類あります。エストロゲンとプロゲステロンというホルモンです。

 

エストロゲンは、子宮内膜を厚くする、卵子を育てるというような働きとともに、骨や血管の強度を高める、肌のハリをアップさせる、というような働きがあるため、美のホルモンと呼ばれています。

 

もう一つのプロゲステロンは妊娠を継続させるために力を発揮します。子宮内膜をより厚くする、皮脂の分泌を活発にする、水分を溜めこむというような働きです。

 

ホルモン分泌の周期としては、エストロゲンが排卵前にたくさん分泌され、排卵した後はプロゲステロンが増える…という流れです。

 

脳が大きく影響している女性ホルモン

女性ホルモンは周期に合わせて自然と分泌されるというわけではなく、脳から指令がないと女性ホルモンはうまく分泌されません。

 

うまく脳から指令が出されないと女性ホルモンの分泌が乱れてしまうでしょう。脳からの指令はストレスや生活習慣の乱れなどでもうまくいかなくなってしまいます。

 

女性ホルモンは40代で大きく減る?

女性ホルモンは初潮から増え始め、20代後半から30代手前ぐらいで分泌量がピークに達します。その後は減少していき、急激に減少するのが40代に突入してからです。

 

女性ホルモンが急激に減ってしまう状態に身体がついていけず、その影響で不調を感じるようになるでしょう。40代で不調を感じる女性が増える原因は、女性ホルモンの急激な減少にあります。

 

女性ホルモンは生涯でスプーン1杯しか分泌されない、というのを知っていますか?それだけの量なのに、ちょっとバランスが崩れるだけでいろいろな不調を招いてしまうので、かなり重要な存在です。

 

でも、女性ホルモンを若いころのようにずっと同じ量を分泌させ続けることはできません。急激な減少を防ぎ、女性ホルモンをまず自分で積極的に分泌できるように心がけましょう。

 

そして女性ホルモンの分泌を抑制するような生活習慣や原因を減らし、できるだけなだらかな減少になるように工夫したいですね。