プレ更年期障害と更年期障害の違い

プレ更年期障害と更年期障害の違い

更年期と呼ばれる年齢は、平均的な閉経の年齢である50歳を基準とすると、前後5年間の45歳から55歳ぐらいの期間です。

 

人によって前後しますが、10年間ほどは更年期と呼ばれます。

 

でも、もっと手前の年齢から不調を感じる、更年期障害のような症状を感じる、という人もいます。

 

もうすぐ更年期に突入する期間のことを、プレ更年期と呼んでいます。更年期の前に訪れるプレ更年期とはどのようなことなのか、ご紹介していきます。

 

プレ更年期って?

プレ更年期とは、30代後半から40代半ばぐらいで更年期障害と似たような症状が起こる期間のことです。更年期とプレ更年期はとても似ている症状が起こるので、同じようなものと考えてしまいますが、実は違いがあります。

 

プレ更年期と更年期の違い

更年期に訪れる更年期障害は、女性ホルモンの急激な減少や卵巣機能の低下で訪れるものなのですが、プレ更年期の場合は少し違います。同じように女性ホルモンの減少や卵巣機能の低下は起こりますが、それほど急激な変化とはいえません。

 

それよりも大きく影響しているのは、知らないうちに溜まってしまうストレスだといわれています。ストレスって自分で溜まっている量がわからないですよね。

 

特に30代後半から40代半ばは子育てや介護、仕事のことなど…感じる負担は知らず知らずのうちに増えやすい世代です。

 

ストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れてしまうため、不調を感じるようになるでしょう。

 

ただしプレ更年期の場合は、それらの原因を取り除けば症状は改善していきます、あくまで一過性の症状であり、ずっと続くわけではありません。

 

でもプレ更年期であることを自覚できず、適切な対処をしていないと、プレ更年期が長く続いてそのまま更年期に突入し、更年期障害となってしまいます。そうなるとかなり長い間更年期障害に悩まされることになるでしょう。

 

閉経がいつ訪れるかは自分自身でもわからないので、今がプレ更年期なのか、それともすでに更年期に突入しているのか、まずはその違いを知ることから始めなくてはいけません。

 

プレ更年期?それとも更年期?確かめよう

症状に悩まされるようになったら、まず基礎体温を測定しましょう。基礎体温をつけることで排卵があるかどうかなどに気づくことができます。また病院で検査も可能です。

 

血液検査では女性ホルモンが血液内にどれぐらいあるか、女性ホルモンの濃度を調べることができます。どれぐらい女性ホルモンがあるかを調べて、減ってきている場合はもうすぐ閉経…と判断ができますね。

 

プレ更年期が来たかもと思ったら、原因を探って症状を改善させ、訪れるであろう更年期に備えましょう。